「教材内容をくわしくご紹介」の記事一覧(2 / 4ページ)

どこで実践したらよいか

二重まぶたを作る彩式小顔整顔は、ほとんどのエクササイズがいつでもどこでもできるものになっています。 どちらかといえばリラックスできるところで、メイクをしていない状態でやるのが望ましいですが。頭の中にノウハウが入っていれば・・・

全身への相乗効果

彩式小顔整顔エクササイズの効果は、二重まぶたや顔・頭だけではありません。最初のほうで、全身のストレッチもするので身体にも良い影響を与えます。 例えば肩こり。デスクワークや重いものを持つことが多くて、常に悩まされている人も・・・

顔へのアンチエイジング効果も

ところで、彩式小顔整顔には二重まぶたを作るマニュアルということのほかにも役立ちます。基本的に筋肉の凝り固まったところをほぐしたり、リンパや血液の流れを促すものだからです。 適当にストレッチをしていてもある程度は解消できま・・・

重点的に復習したいところ

目の周りをエクササイズしたからといって、そこで二重まぶた作りは終わりではありません。頬やあごのまわりもほぐしておく必要があります。 やはりまぶたとその下の顔の皮膚が繋がっているからです。全てのパーツで血液やリンパ、老廃物・・・

「ながら」エクササイズ

彩式小顔整顔の目に関するエクササイズは、テレビやパソコンを見ながらでもできるのがいいところです。「ながら作業」は良くないといわれますが、忙しい現代人にとって、じっくり集中して何かをやる時間を取るのは難しいですものね。 毎・・・

教材の核心ノウハウ

次はいよいよ目の周りをエクササイズしていくパートに入ります。しかし、ここだけに気合を入れていても仕方ないので、今までのステップもきちんとこなしてくださいね。 爪の長い人は、指の腹や指を曲げた角のところを使うといいでしょう・・・

顔と繋がるココも大切

フェイスラインの次は、おでこと頭皮をほぐすエクササイズです。最初のほうで「頭皮と顔の皮膚が繋がっている」という話がチラッと出てきましたよね。そこ全体を緩めておくことで、血液やリンパがスムーズに流れるように促すのです。 文・・・

顔へのアプローチ

4章2つめの動画には、直接二重まぶたに関わってくるエクササイズが詰まっています。後でノウハウがわからなくなった場合は、身体なら4-1、顔なら4-2を見るといいでしょう。 古田さんはただマニュアルを淡々と読むだけではなく、・・・

気にしすぎず楽しく実践しよう

何かを続けるためには、楽しくやるのが一番。仕事や勉強だとなかなか難しいですが、もちろん二重まぶた作りにも欠かせない要素です。 ですから、彩式小顔整顔もガチガチに「毎日全部のステップを完璧にやらなくちゃ!」と気にしすぎる必・・・

お布団の上でもできる

彩式小顔整顔には、うっかり「ストレッチするの忘れちゃった!でももう眠いし……」というときでもできるマニュアルがあります。 もしかすると、これは別の美容法やエクササイズで見たことがあるかもしれません。寝転がったままでもでき・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ