気持ちを楽に持ち続けよう

彩式小顔整顔をやろうかと考えている方の多くは、二重まぶたに対して非常に強い憧れを持っている人がほとんどでしょう。しかし、世界的に見れば一重や奥二重の人を美しいと感じる人もたくさんいます。

特に欧米圏では、人種的にほとんどが二重なので、切れ長な一重まぶたへの憧れが強いそうですよ。そして、古田さんも動画マニュアルの導入部でお話されていますが、日本でも昔は「切れ長な一重まぶた」が美人の条件でした。

二重の人でももちろん着こなすことはできますが、一重の人のほうがより着物が似合うからでしょうね。ですから、もし二重になるまでに時間がかかっても、なかなか効果が出なくてもプレッシャーを感じることはありません。

むしろ「一重(奥二重)用のメイクをできる最後のチャンスかも」くらいの気楽な気持ちでいたほうが、ストレスも溜まらず気分よくエクササイズを続けられるでしょう。今のうちに二重用のメイクのノウハウを調べてみるのもいいですね。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ