きれいな二重の「シワ」をつくる

彩式小顔整顔には、直接まぶたに線を描いたりして二重まぶたを作るようなプロセスはありません。なぜかというと、二重の線というのはいわば”シワ”だからです。

シワというと女性の天敵ですが、指や腕、脚の関節には常にあるものですよね。あれがなぜ消えないのかというと、常日頃動かしていて肌にそういうクセがついているからです。

いつも同じ動きをしているので、皮膚が伸びてシワがなくなるヒマがないんですね。古田さんはここに注目して、このエクササイズを考え、マニュアル化したのだそうです。

公式Q&Aにも「これで二重ができるんですか?」という質問が時折寄せられているようですが、表面だけでなく肌の根本からラインをつけるためのノウハウなので、余計な心配はせずに毎日欠かさず行いましょう。

半年間は返金保障があるのですから、あせらずコツコツ続けるのが一番の近道ですよ。早く効果を得たい場合は、入浴や運動で身体を温めて血行を促進するなど、他の面からアプローチしてみるのもいいかもしれません。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ